熊本、佐賀・城と遺跡めぐりの旅(1)-亀尾城~菊池城

これもちょっと前の話になりますが・・・。
またまた九州へ行ってきました。

仕事の合間をぬって、わずか2泊3日の日程ですが、前回の九州旅行で印象のよかった熊本を中心に、ちょっと佐賀まで足をのばし、城と遺跡をめぐる旅です。
今回は青春18きっぷの季節ではないので、熊本まで飛行機で飛び、基本的にレンタカーで周辺をまわるプランになります。

それでは出発!


画像
今回は飛行機が朝早い便だったため、いつもの我孫子発成田行きの列車がなく、東武野田線で新鎌ヶ谷まで行って、北総線に乗りかえました。
いわゆるスカイアクセス線です。


画像
北総線の景色。

我孫子経由とほとんど変わらない時間で、成田空港に着きましたが、お金はよけいにかかってしまいました。


画像
いつもの成田空港第3ターミナルです。


画像
僕の乗るジェットスター機が、スタンバイしています。


画像
やがてテイクオフ!
今回は窓際の席だったので、外の景色を撮ることができました。
千葉にはゴルフ場が多い(笑)ということがわかりました。

やがて熊本空港に到着。
空港を出てすぐに、2日間の契約でレンタカーを借り、さっそく走りだします。

菊池市周辺の城めぐりをするため、カーナビの案内にしたがって一路菊池市をめざしました。
まずは亀尾城へ向かいます。


画像
菊池市役所の南西4キロほどのところに、板井熊野座神社があります。
こちらが城跡の入口になります。


画像
さらに進むと、深い空堀が見えてきます。


画像
城は段々に造成されています。


画像
こちらが主郭でしょうか。
周囲には土塁がめぐらされています。


画像
空堀。


画像
亀尾城からの景色です。


この城は菊池十八外城のひとつで、古文書には板井城の名で出てきますが、いつからか亀尾城と呼ばれるようになったといいます。
鎌倉時代には、相良氏の一族である板井氏がこの地を領して、菊池氏の配下にありました。

康暦元(1379)年の板井原の戦いにおいて、今川了俊はこの城に本陣を置き、菊池氏を攻めました。


現在も城跡には遺構が良好な状態でのこり、往時に思いをはせることができます。




亀尾城をあとにし、菊池市役所の1キロ弱北にある、菊池城をめざします。

画像
菊池神社のあるあたりが、かつての菊池城の本丸です。


画像
りっぱな本殿がたっています。


画像
神社には菊池武時像があります。

菊池武時は鎌倉時代末期の武将で、隠岐を脱出した後醍醐天皇に応じて挙兵し、鎮西探題に攻め寄せますがやぶれ、一族200名あまりが斬られさらし首になったそうです。
建武の新政前夜の、ちょっと早すぎる挙兵でしたが、九州の倒幕運動の先がけになったと評価されているようです。


画像
菊池神社からの景色です。


画像
あまり城跡らしさをのこしている部分はないのですが、この切岸などは城の雰囲気がうかがえるでしょうか。


菊池城は正平年間(1346~70)、肥後の豪族菊池氏によってきずかれました。
南北朝時代には、九州における南朝方の最大の拠点となります。

戦国時代に入ると、一族の内紛から菊池氏は弱体化し、永正17(1520)年には大友氏の侵攻を受けて滅亡します。
その後も菊池城は地元の豪族の拠点として存続しますが、加藤清正が肥後に入封すると、廃城となります。





菊池城をあとにした僕は、次の目的地、麹池城(きくちじょう)に向かいました(おなじ読み方ですがべつの城です)。

(つづく)



菊池氏三代 (人物叢書)
吉川弘文館
杉本 尚雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





九州の城下町を古地図で歩く本 (KAWADE夢文庫) [ ロム・インターナショナル ]
楽天ブックス
KAWADE夢文庫 ロム・インターナショナル 河出書房新社キュウシュウノジョウカマチヲコチズデアルク


楽天市場



この記事へのコメント

2018年12月09日 00:50
こんばんは。

九州に行かれたんですね~。
いいいですね~。
亀尾城、めっちゃいい感じですね。
この空掘、いいですわ。
萌えます。
2018年12月09日 19:38
亀尾城へ行かれたのですね。菊池神社にはよく行くのですが…。こちらはまだでした。あまり遺構は残っていないと聞いていましたが、空堀や土塁が残っていますね。私は昨日甲斐宗運の御船城跡近くまで行ったのですが…。見上げただけで帰ってきました。
家ニスタ
2018年12月12日 01:56
トトパパさん、こんばんは。
亀尾城は土塁や空堀がきれいに残っていて、予想よりいい城でした。
萌えますね(笑)。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018年12月12日 01:58
torさん、こんばんは。
torさんは菊池神社によく行かれるのですね。
亀尾城は事前に考えていたより、遺構が残っていました。
御船城ですか、今度熊本に来るときはぜひ見たいと思います。
いつもコメントありがとうございます。
2018年12月15日 12:07
亀尾城の移行はきれいに残っているようですねえ^^
南北朝を見る時、菊池一族は外せませんねえ。。南朝に準じて全国に菊池一族が散っていて、一度は本城に訪れたいと思っています。北陸だと氷見の阿尾城を本拠にしていました。久しぶりに行ってみようかな。
家ニスタ
2018年12月15日 14:45
つとつとさん、こんにちは。
亀尾城は思ったより遺構がきれいに残っていました。
あまり意識せずに行ったのですが、菊池城は九州の南朝方の拠点だったようですね。
北陸では阿尾城が拠点だったのですね。
以前北陸に行ったときに、阿尾城は行きそびれてしまったので、再訪しようと思っています。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック