『バハールの涙』を見てきました

上映中の映画、『バハールの涙』を見るため、シネスイッチ銀座へ行ってまいりました。
この映画館に来るのはひさしぶりです。

画像
IS(イスラム国)の攻撃によって父や夫を殺され、自身も拉致され奴隷とされた経験をもち、女性部隊に志願してISと戦うようになった女性のお話です。


〈以下ネタバレあり〉
バハールはシリア北部のクルド人自治区に平和に暮らす、ヤジディ教徒の女性弁護士。
しかしある日ISの侵攻により、その生活は一変してしまう。

ISにより村の男たちは皆ごろしにされ、バハールとまだ幼い息子は捕らわれ、さらにバハールは奴隷として売りとばされる。
監禁状態から奇跡的に脱出することができたバハールは、ある決心をする。
それはあらたに創設された女性部隊に参加し、ISとたたかうことだった・・・。

というストーリー。


劇中でなんどか、彼女たち女性部隊が
「女性は強い!」
といった歌詞の歌をうたう場面が出てきますが、まさにその通りでした。

家族や友人をころされ、自身も奴隷となり性的虐待まで受ける、という過酷な運命にさらされてきた女性たちばかり構成された部隊。
その運命が過酷すぎるために、
「経験が人を強くする」などという安易な言葉を彼女たちに用いることはためらわれますが、クルド人の部隊の中でも勇猛で知られ、
「女に殺されると天国へ行けない」
という迷信もあって、敵からおそれられる存在になっていきます。

いっぽうで隊長のバハールが年下の女性隊員に見せる、まるで家族に接するような思いやりにあふれた態度には、胸をうたれます。
そうした部下をうしなった場面で、バハールははげしい慟哭を見せます。
過酷な運命を経験してきた彼女たちゆえに、仲間の絆をたいせつにしているのでしょう。


またこの映画の重要な登場人物の一人に、眼帯をしたフランス人女性ジャーナリスト、マチルドがいます。
彼女はシリア北部から脱出できる最後の便だというヘリへの乗機を拒否し、
「いま起こっていることを見とどけたい」
と戦場に残ることを選択します。
彼女もまた、戦う女性なのでした。

マチルドはバハールのそばで、クルド女性部隊の行動を記録していきます。
最初は取材に非協力的だったバハールも、しだいに心をひらくようになります。


こうした戦場ジャーナリストの行動に対して、日本では一般に批判的な声が多いようです。
つい先日も、シリアで3年間拘束されていた日本人記者に対して、
「自己責任」と過剰なまでのバッシングが起こったことがありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック

  • 「バハールの涙」

    Excerpt: 大変ヘビーな作品であった。だが、これが現実。いや恐らく現実の方がより一層ヘビーなのであろう。イラクのクルド人自治区で起こった悲劇、ISの侵攻が、彼らの地を戦闘のただ中に放り込む。本作は、2014年11.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2019-02-26 15:06