九州・城と飲みテツの旅(6)-清色城~入来麓

飲みテツの旅・・・といいつつ、ここからは車の旅になります。
来る前にネットでしらべていて、鹿児島の清色城のことが気になっていたのですが、どうも鉄道では行きづらい場所のようです。
というわけで熊本駅前でレンタカーを借り、薩摩川内市に向かって南下しました。
青春18きっぷはとびろびでの利用が可能ですので、こうした柔軟な対応ができます。

途中、道の駅に寄って昼食をとりました。
ちょっとどこだか忘れてしまったんですが、日奈久か芦北あたりだと思うんですが・・・。

0041太刀魚丼.jpg食べたのは、太刀魚丼です。
衣がサクサクで、めっちゃおいしかった!

鹿児島県のなかでも熊本寄りなので、すぐに着くのかと思ったんですが、じっさいにはけっこうかかっちゃいました。
やがて入来麓の美しい町並みが見えてきて、その中に観光案内所がありました。
まずはそこでパンフレットをもらってから、清色城へのぼりはじめました。


0048清色城入口.jpg清色城入口です。
なにやらうっそうとしたジャングルへわけいっていくような・・・。


0052清色城.jpg
いきなり見えてきた、とんでもないスケールの切通し。
南九州のシラス台地に切りこんでつくった城の中には、雄大な空堀や切岸をもつものがあります。
志布志城を思いだします。


0055清色城.jpg本当にうっそうとしている清色城の森。


0072清色城.jpg
ところどころ、ロープにつかまってのぼらなければいけないようなところもあります。


0075清色城.jpgこちらが主郭。
群郭式城郭の常として、それなりの規模をもった曲輪がいくつも、並列的にならんでいます。


0066清色城.jpgジャングルそのものやんけ!(笑)






0107入来麓.jpg清色城からおりてきて、入来麓を見学します。


0109入来麓.jpg本当に美しい町並みです。

江戸時代、島津氏は各地の支城を(ふもと)と呼び、外城制を維持していました。
公式には支城ではないんですが、これは一国一城制の抜け道といえます。


0116旧増田家住宅.jpg入来麓の一角で公開されている、旧増田家住宅


0124旧増田家住宅.jpg


0119旧増田家住宅.jpg住宅内に展示されている品物には、島津氏とのつながりを思わせるものもあります。


0134旧増田家住宅.jpg石蔵も風格がありますね。


0141入来麓.jpg入来麓の中には、特徴的なかや葺きの門をもつものもあります。


清色城と入来麓の見学を終えた僕は、車で薩摩川内駅前へと向かいました。
今夜の宿、東横イン薩摩川内駅東口にチェックイン。

部屋に荷物を置いて、夜の街へとくりだしました。
行ったのは、和diningたくみ家です。

0159きびなご南蛮漬.jpg
きびなごの南蛮漬。


0166さつま揚げ.jpgさつま揚げ。


0171鶏飯.jpg
鶏飯。

鹿児島らしい味覚の味わえる、おいしい居酒屋さんでした。


0172たくみ家.jpg和diningたくみ屋の外観。


0176川内駅.jpg夜の薩摩川内駅です。



(追伸)
ご覧になってくださっている皆さまには、ご不興をかけてしまうかもしれませんが、現在ちょっとした不都合があり、皆さまのコメントに対する返信も、お礼の訪問もできない状態になっています。
状況が改善し次第、返信およびご訪問をさせていただきたいと思いますので、どうかめげずにコメントをお寄せいただくと幸いです。
よろしくお願いします。
m(_ _)m    (家ニスタ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月11日 16:11
こんにちは

清色城ですか。
知りませんでした。
この岩のところ、なんかの映画の撮影に使われてませんでしたか。
見た事あるような。
車も便利でいいですね。
2019年08月11日 20:35
こんばんは。
名護屋城で完結じゃなかったのですね。
熊本市から薩摩川内市までは車だと遠いですね。
水俣までは自動車道が開通して近くなりましたが…
薩摩川内駅衝撃の名前の団子が有りますが
気がつかれましたか?
またドラマや映画で使われる甲冑を
制作されている会社がありますね。
九州は遠かったと思います。
楽しんでいただけたら嬉しいです。
お疲れさまでした。
2019年08月13日 12:35
切通は なんか雰囲気があっていいなぁって
思ったら! 
お城というより 確かに ジャングルですね。。。
(*_*;

入来麓は いい感じです♪
2019年08月19日 16:42
入口から凄いですね
切通しは時間が止まってるような逆行するような雰囲気です
本当に森ですね

入来麓は趣があって素敵やと思います
茅葺きの門が立派ですね

居酒屋さんの鶏飯が美味しそうです

家ニスタ
2019年08月24日 01:07
トトパパさん、こんばんは。
清色城はあまり知られていないかもしれませんが、規模の大きな城です。
この切り通しのところ、僕も記憶はないですが、ミステリードラマか何かで使われていたかもしれないですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年08月24日 01:13
torさん、こんばんは。
はい、名護屋城で終了じゃありませんでした。
熊本から薩摩川内までは遠かったですね。
途中、一部高速道路の無料区間があったので助かりましたが。
団子はちょっと気づかなかったです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年08月24日 01:16
おとめさん、こんばんは。
切通しはたしかにいい雰囲気なのですが、それを超えると・・・ですね。
ただのジャングルです(笑)。
入来麓はきれいな町並みでした。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年08月24日 01:19
とまるさん、こんばんは。
九州にはいい雰囲気の古い町並みがいくつかありますが、この入来麓もいい感じでした。
茅葺きの門は麓のシンボルマークになってます。
鶏飯はもともと奄美のほうの名物だったみたいですが、すっかり鹿児島名物になりましたね。
いつもコメントありがとうございます。
2019年10月21日 15:06
清色城は登城口の切通しを何度か映像で見て凄い城と思いましたが、登るにつれてジャングルサバイバルでしたか^^;う~~ん@@こんな藪を見たら引き返してしまいますねえ僕
シラス台地は柔らかく加工しやすいとは聞きますが、これほどの切通しを掘るのは大変な作業になったでしょうね@@
家ニスタ
2019年10月22日 00:06
つとつとさん、こんばんは。
登るにつれて・・・というよりは、最初からジャングルですこの城は(笑)。
たしかにシラス台地へ切りこんで、たいへんな土木工事の量ですよね。
それと志布志城のときにも思ったのですが、何千人いたらこの城を守りきれるのかという・・・。
志布志城よりは少し小さいのですが、それでもこんなスケールの城が必要なのか?とちょっと思ってしまいます。
いつもコメントありがとうございます。