『ジョージア、ワインが生まれたところ』を見てきました

上映中の映画、『ジョージア、ワインが生まれたところ』を見るため、アップリンク渋谷へ行ってきました。

映画で旅する自然派ワイン.jpg
映画で旅する自然派ワインというフェス(?)で上映される2作品のうちのひとつ。
もうひとつのフランス・ワインのほうはあまり興味がなかったので(笑)、僕にとって未知の国、ジョージアのワイン造りのドキュメンタリーである、こちらの作品を見に行くことにしました。

僕はジョージアという国はまだ訪れてない
(旧名の"グルジア”でおぼえてらっしゃる方も多いのでは?)
ですし、この映画でいわれるように、この国がワイン発祥の地であることも知りませんでした。
(ワイン造りをはじめたのはギリシャだと思ってました)

なんとジョージアのワイン造りの伝統は、紀元前6000年にまでさかのぼるのだとか(!)
おそらくその頃とほとんど変わらない伝統的な製法が、現在もおこなわれています。
その製法とは、クヴェヴリ
おおきな素焼きの甕を地中に埋め、その中でワインを発酵させるという、「究極の自然派」とも呼ばれる製法です。

もちろん彼らがこの伝統的な製法を現代まで維持するには、その間多大な苦難があったのでした。
西洋と東洋のはざまにあたり、歴史的にもさまざまな民族の行きかう十字路であったジョージア。
そのもっとも大きな苦難は、旧ソビエト連邦による占領でした。

ジョージアのワイン造りにも、ソ連式の大量生産が導入されます。
多種多様だったぶどうの品種は、生産性の高いものをのぞいて淘汰され、少量の品種にしぼられました。
ワイン生産には機械が導入され、手づくりの繊細な味わいはうしなわれていきました。

そうした状況でも、細々とクヴェヴリによる製法でワインを作りつづけている人はいました。
それがソ連崩壊後、伝統的な製法が復活することにつながります。
今では、世界からその素朴な味に注目があつまっているといいます。
とはいえ、伝統的な製法によるワインの生産量は、かつての全盛期とくらべると激減しているそうです。


僕は日常的にワインを飲んでいますが、多くはチリやスペインのワインで、ジョージアのワインというのは耳にしたことも口にしたこともありませんが、この映画を見て、ぜひ一度飲んでみたいと思いました。
ただ、こうしたオーガニックな製法でつくられたワインは、日もちがしないでしょうから、現地まで飲みに行くしかないかもしれませんねー。

しかし効率、効率、少品種大量生産と、行きすぎた資本主義でも社会主義でも結論がおなじになってしまうのは面白いですね。


僕に未知のジョージア・ワインというものの存在を教えてくれたこの映画。
★★★★☆
ホシ4つです。



ジョージアのクヴェヴリワインと食文化 母なる大地が育てる世界最古のワイン伝統製法 [ 合田 泰子 ] - 楽天ブックス
ジョージアのクヴェヴリワインと食文化 母なる大地が育てる世界最古のワイン伝統製法 [ 合田 泰子 ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年12月04日 09:45
こんにちは。

お、いいですね。
私も二本とも観たいって思ってるんですよね〜。
家ニスタ
2019年12月05日 22:43
トトパパさん、こんばんは。
トトパパさんはこの2本の映画、ご存じだったんですね。
僕はフランス・ワインのほうは興味がないので(笑)、
ジョージアのほうだけ見にいくことにしました。
いつもコメントありがとうございます。
2019年12月06日 19:05
お酒は飲めないのでワインは関係ないんですけど
ジョージアは行ってみたいです

家ニスタさんはワインを飲みに行きたいんですね
私は舞踊を本場で観たいのと、行ってみた場所があります
でも、日本からは直行便がないんですよねぇ
いつか、何処かへ行く時に寄って行けたらいいなぁって思ってるんです
家ニスタ
2019年12月07日 22:48
とまるさん、こんばんは。
ジョージアの伝統舞踊、有名だったんですね!
僕はもちろんワインを飲みに行きたいんです(笑)。
飛行機はドバイ経由、ドーハ経由などあるみたいですね。
僕も機会があったら行ってみたいと思います。
いつもコメントありがとうございます。