四国一周! 続100名城と飲みテツの旅(6)~ 一宮城

この日の朝は比較的ゆっくりすることができました。
8時すぎに徳島駅前を出るバスに乗り、一の宮札所前というバス停まで行きます。
バス停からすぐのところに、一宮城(いちのみやじょう)の登山口があります。

0681一宮城入口.jpg
登山口です。
地元の方が杖をおいてくださっているので、お借りしましょう。
じつは昨夜、けっこうな腰痛になってしまい
(ぎっくり腰にちかい)、今日ここに来られるかどうか不安だったのです。
さいわい、今日はたいしたことないようですので、登っていくことにします。

しかし河後森城では膝をいためるし、満身創痍になってきました(笑)。
やはり、年齢的に無理がきかなくなってきたようですね。


0684一宮城.jpg
登山道は整備されています。


0700一宮城.jpg
深い堀切も見えます。


0702一宮城.jpg
こちらは才蔵丸入口の虎口。


0703一宮城.jpg
才蔵丸の内部です。


0711一宮城.jpg
門跡までくると、本丸はもうすぐです。
ですが、ここでは右折して、先に明神丸をおとずれます。


0716一宮城からの景色.jpg
明神丸からの景色です。
けっこうな高度感があります。


0722一宮城.jpg
本丸の豪壮な石垣が見えてきました。
ただ、石垣前のスペースがせまいので、全体像をおさめるのがむずかしいです。


0725一宮城.jpg
本丸内部はこんな感じ。
ちいさな祠がたってますね。


0741一宮城.jpg
本当にワイルドな石垣ですね。




一宮城は南北朝のころ、阿波守護だった小笠原氏の一族、一宮氏によってきずかれました。
一宮氏はのちに細川氏の家臣、さらに三好氏の家臣となります。
天正10(1582)年に長宗我部氏の阿波侵攻で落城し、長宗我部氏の支配するところとなりますが、天正13年の秀吉の阿波平定でふたたび落城。

その後阿波国主として秀吉家臣の蜂須賀家政がはいりますが、蜂須賀氏は徳島城をきずいて移り、一宮城には城代が置かれるようになります。
やがて江戸期の一国一城令で廃城となります。

0925 続100名城スタンプ一宮城.jpg
登山口に置いてあった続100名城スタンプです。



一宮城にはいぜん来たことがあるのですが、何度来てもすばらしいです。
本当に名城と感じますね。



0754一宮神社.jpg
城のふもとには一宮神社がたっています。
一宮神社は阿波国のもと一の宮で、明治時代までは四国霊場の札所だったそうです。
"一の宮札所前”というバス停の名前は、そのなごりだったのですね。


0756大日寺.jpg
道路をはさんだ向かい側には大日寺があり、こちらは四国八十八か所のひとつになっています。


バスに乗り、ふたたび徳島駅までもどります。
予定より早く駅に帰ってくることができました。

時間があったので、昼食をとることにしました。
昨日も書いたように、徳島駅には駅弁というものがありません。
そのかわり、きのう食べた徳島ラーメンがあまりにおいしかったので、今日も食べていくことにしました。
せっかくなので、昨日とちがった店に行ってみましょう。

徳島駅から、眉山方面へ向かってあるいて行き、新町川をわたったあたりに、
大孫(だいそん)さんがあります。
外見はふつうの町中華といった感じですが、さてお味はどうでしょうか。

0767大孫.jpg
これまためっちゃうま~~い!!

スープは徳島らしい濃厚とんこつしょうゆですが、しつこくはなく、スープだけ飲んでもおいしい。
若干の焦がし臭が、食欲をそそります。
セットでたのんだチャーハンも、町中華らしいシンプルさでGOOD。
瓶ビールしか置いてないのも、郷愁を感じさせていいです。

徳島ラーメン、本当にクセになるかもしれません。
定期的に食べに来たくなる味ですね。


満足したところで、徳島駅にもどります。

0780徳島駅.jpg
徳島駅には、さまざまなタイプの車両がならんでいますね。

ここで問題発生!
僕が乗るはずだった高松方面行きの列車が、強風のため運休になってしまいました!

しまった! ラーメン食べずに列車に乗っていれば、問題なく勝瑞に着けたかも。
でもラーメンおいしかったしなあ・・・。

しかたがないので、駅の改札前のロビーで待つことにしました。
自動ドアがあくたびに、びゅうびゅうと風が吹きこんできて、こりゃ運休もやむをえないかなあ、と思いました。

1時間と少々待ち、ようやく鳴門行きの列車に乗れました。
とりあえず列車がうごいてよかった・・・。

0785勝瑞駅.jpg
列車が勝瑞駅に到着。

この日の後半は勝瑞城をおとずれます。


四国の中世城館 (岩田書院ブックレット 歴史考古学系 H-26) [ 四国地域史研究連絡協議会 ] - 楽天ブックス
四国の中世城館 (岩田書院ブックレット 歴史考古学系 H-26) [ 四国地域史研究連絡協議会 ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年02月06日 13:51
こんにちは

立派な石垣が残っているんですね。
景色も綺麗ですね。
2020年02月07日 12:54
こんにちは
うわわわ
腰痛ですか つらいですよね・・・
ぎっくり腰は癖になると言いますから
くれぐれもご無理なさらず しっかり治して
下さい

こちらのラーメンもまたおいしそうですね!
2020年02月07日 22:37
凄いスピードで四国一周をされていますね。私のスローペースのブログとは大違い。それにしても、四国を隅々まで旅されていますね。もちろん、四国だけではないですが。
徳島の一宮城は、気持ちのいい山城ですね。眺望も見事。ここから監視もよくできたことでしょう。
私も徳島ラーメンの濃厚な味が思い出に残っています。久しぶりに食べてみたくなりました。
2020年02月09日 13:25
トトパパさん、こんにちは。
一宮城には野趣あふれる石垣がのこっていますし、眺望もきれいでした。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年02月09日 13:28
おとめさん、こんにちは。
腰痛はたいしたことなかったみたいで、一日でだいたいおさまりました。
でも、癖にならないよう気をつけます。
こちらのラーメンもおいしかったです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年02月09日 13:33
ミクミティさん、こんにちは。
この時はけっこう駆け足でまわってしまいましたね。
ミクミティさんのようにじっくりとまわる旅もしてみたいです。
一宮城はすごく眺望がよかったです。
徳島ラーメンもおいしいですね。
このあと、高松でミクミティさんオススメのうどん屋さんに行ってきました。
後で記事に書きます。
いつもコメントありがとうございます。
2020年02月19日 21:28
徳島ラーメン美味しそうです
機会があれば食べてみます

列車動いて良かったですね
ハラハラしました
家ニスタ
2020年02月19日 22:55
とまるさん、こんばんは。
徳島ラーメンおいしかったです。
僕もハラハラしました(笑)。
でも最終的に列車がうごいてよかったです。
この日はあと勝瑞城へ寄るだけだったので、とくに予定を変更することもありませんでした。
いつもコメントありがとうございます。
2020年03月22日 08:59
一宮城は勾配がきつそうですねえ。。腰痛時に登るのはよくないかも
石垣もワイルドですが、明神丸からの景観が素晴らしいですねえ@@川に沿った盆地のような地形が美しい

旅にハプニングはつきものとはいえ、強風による運休というのは堪りませんねえ 高速が通行止めで下道に降りたというのはありましたが、電車の旅ではそういえばまだ経験したことがないかも、、雪で魚津でストップはありました。バスで上越まで乗りましたが寒かった覚えがあります。 とはいえ、別便に載れてよかったですねえ。
2020年03月22日 23:30
つとつとさん、こんばんは、
じつは一宮城の登山道は、それほど傾斜はきつくないんです。
ただ、前日にけっこうな腰痛になってしまって・・・。
当日はだいぶ痛みがやわらいでいたので、行ってくることにしたんですが。
明神丸からの景色は本当にすばらしかったです。
強風で一時列車がとまってましたが、けっきょく動いてくれてよかったです。
いつもコメントありがとうございます。