『古代エジプト展~天地創造の神話』を見てきました

開催中の『古代エジプト展~天地創造の神話』を見るため、東京・両国の江戸東京博物館へ行ってきました。

0001江戸東京博物館.jpg
コロナ第3波到来後、東京で博物館や美術館を見るのも自粛していて、昨年11月の東博『桃山展』いらい、ひさしぶりのことになります。
『桃山展』の記事でも、「博物館に来るのはひさしぶり」と書いたんでしたっけね・・・。

この展覧会は特別展にはめずらしく撮影可能になります。
ですが、個々の展示品は(来れる方には)なるべく現地で見ていただくとして、ここでは会場の雰囲気を中心にお伝えしたいと思います。


0012エジプト展.jpg
まだ東京は緊急事態宣言下ではありましたが、けっこうな人出でした。


0020エジプト展.jpg
ベルリン国立博物館群のなかの、エジプト館からの逸品が来日しています。
こちらはハトシェプスト女王像。


0034エジプト展.jpg
なかでも人目をひくのが、ネフェルティティ王妃の像。
ツタンカーメンの義母にあたる人物です。
ベルリンのネフェルティティ像といえば、彩色のあるものが有名ですが、
(エジプトが返還要求をしている、いわくつきのモノです)
こちらのものも劣らず美しいです。


0049エジプト展.jpg
圧巻なのが、木棺・石棺群。
エジプト人の、再生・復活にかける執念がうかがえます。


0048エジプト展.jpg
みごとな装飾のほどこされた、うつくしいものが多いです。


0044エジプト展.jpg
こちらは展覧会の目玉のひとつ、パレメチュシグのミイラ・マスク。
まあ素材がカルトナージュなので、「黄金のマスク」とまでは呼べないですね。


0015エジプト展.jpg
「バステト女神」とはようするにネコです(笑)。



ベルリンから、古代エジプト美術の数々の逸品が来日した当展覧会。
コロナ禍とかさなったために、それほど話題になっていないのが残念ですが、機会のある方はぜひごらんになってはいかがでしょうか。




エジプトの考古学改訂版 (世界の考古学) [ 近藤二郎 ] - 楽天ブックス
エジプトの考古学改訂版 (世界の考古学) [ 近藤二郎 ] - 楽天ブックス



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2021年03月23日 23:22
こんばんは!
エジプト展にいらしたんですね
写真も撮れるんですか!
結構な人出とは仰ってもこのくらいなら
ゆっくりと楽しめそうですね

彩色されている物があるのですか!
棺やマスクでなくて ↑みたいな石(?)の
像に彩色は 珍しいような気がします
見てみたいです!
家ニスタ
2021年03月24日 23:35
おとめさん、こんばんは。
はい、今回の展覧会は写真が撮れます。
2017年の科博『古代アンデス文明展』がそうだったように、少しずつ撮影可能な特別展が増えているようです。
たしかに以前の混みようからすると、たいしたことはないのですが、コロナ以後「密」に敏感になったので、気になるようになりましたね。
有名なほうの「ネフェルティティ像」は、石の上に漆喰が塗られて、彩色されているそうです。
そちらはドイツが絶対に外へ出さないでしょうね。
エジプトが長年返還要求をしていますが、返っていません。
いつもコメントありがとうございます。
2021年03月26日 21:29
江戸東京博物館で、『古代エジプト展~天地創造の神話』が開催中ですか。
外国モノの展示も結構ありますね。
古代エジプトが高度な文明を誇っていたことをあらためて感じます。
見事な文化財ですね。イギリスやフランスだけでなく、ドイツにも行っていましたか。
エジプトの人にとっては、微妙ですよね。
外国へ引き取られなかったら、今頃は破壊されていた可能が高いですから。
家ニスタ
2021年03月27日 07:35
ミクミティさん、おはようございます。
はい、江戸博で『エジプト展』やってます。
ベルリン博物館群では、大英やルーブルとならぶエジプト・コレクションを持っているそうです。
うーん、「破壊されていた可能性が高い」とまでは言えないかと・・・。
例の「アラブの春」に関連した暴動で、一部古代エジプトの遺品が破壊されましたが、綱渡りですが、ツタンカーメン関連の秘宝なども無事でした。
イラクやシリアなら、もっと破壊されていた可能性が高いかもしれませんが・・・。
この前、NHKの『シルクロード』の再放送を見ていたら、破壊される前のパルミラ遺跡が写っていて、切ない気分になりました。
いつもコメントありがとうございます。
2021年03月27日 14:28
こんにちは

古代の宝石
「古代エジプト展」テレビで設置段階から放送していましたね
移動中にこぼれた砂や欠片一つ一つ逃さす大切に保管していました。
いずれ修復するのに使用するのでしょうね。
それはそれは、神経をすりへらしての作業状況を放送していて身の引き締まる思いで観ました。

コロナ中でなかったらもっと話題にあがったのでしょうね。
次回日本へはいつ?となると・・・。
2021年03月27日 14:49
エジプト美術の逸品を集めた特別展が、
撮影できるのは嬉しい話ですね。
混雑しない限り、博物館自体は感染リスクを
恐れる必要のほとんど無い場所ですし、
これだけの内容の展示物をゆっくり
見ることが出来るのは素晴らしいと思いました。
ネフェルティティ王妃の顔がリアルで驚きます。
こういう顔の女優いそうだなぁなどと
思いながら、見入ってしまいました。
家ニスタ
2021年03月28日 21:11
イータンさん、こんばんは。
欠片はとうぜんのことと思いますが、砂まで・・・。
たしかにその中に、貴重な情報がふくまれているかもしれないですしね。
それにしても、神田伯山さんらを起用して、今回のTV攻勢はすごかったですね。
今回のコロナ禍で、今後どの博物館も大型の国際展示はちゅうちょするようになるでしょうから、次はいつ日本で・・・という感じになりますよね。
なるべく今のうちに、見ておいたほうがいいかもしれません。
いつもコメントありがとうございます
家ニスタ
2021年03月28日 21:17
yasuhikoさん、こんばんは。
最近、だんだんと撮影可能な展覧会が増えてきて、うれしいかぎりです。
まあ、ゆっくり見る、というにはちょっと混んでたんですけどね。
ネフェルティティはとうじ中東に存在したミタンニ王国(場所は特定されていないようです)の出身といわれてますので(諸説ありますが)、
現代でも通用するような美人だったんじゃないでしょうか。
いつもコメントありがとうございます
2021年03月29日 11:40
古代エジプト展の数々、撮影可能というのがいいですねえ^^
神秘的な雰囲気が伝わって来て、平時なら確実に話題になって人が押し寄せたんでしょうねえ^^;

昨年、家ニスタさんがアップしていたミイラ展も3カ月も富山で開催されてたんですが、前半は雪にまけ、春はコロナ患者急増に嫁さんのダメ出し、例年の仕事繁忙期になって、行けずじまいで3日前に終了してしまいました。。無念
せめて金沢に来てくれないかなあ^^;
家ニスタ
2021年03月29日 19:00
つとつとさん、こんばんは。
さいきん、日本でも少しずつ撮影可能な展覧会が増えてきました。
まあ、コロナ禍にしてはかなり人が入っているほうだとは思いますが・・・。
以前が異常だったので、僕としてはこのくらいがいいですね。
金沢のほうがお客さん入りそうなのに、なぜ富山・・・。
地方巡回展でどの都市がえらばれるのかは、多分に運もあるのでしょうね。
それにしても残念ですね。
いつもコメントありがとうございます。